よく読まれているページランキング

柔軟体操で関節の可動域を広げる

ストレッチ 柔軟体操

 

柔軟体操は、体を柔らかくするために効果的な体操です。

 

主な効果として、まず、関節の可動域を広げることができるので、
怪我の予防になります。
そして、スポーツを行っている人が、
レベルの高いパフォーマンスを行うためにも有効です。

 

 

いろいろなメリットがある

 

代謝がアップ

ストレッチ ヨガ

また、柔軟体操を行うと、
日頃使っていない筋肉を動かすことができるので、
血行も良くなり、代謝が上がります
代謝が良くなると、ダイエット効果が上がることはもちろん、
肌に張りや艶の出てきて、美容効果も得られます。

 

自律神経を整える

また、自律神経の働きを正常に保つ効果もあります。
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つにわけることができます。

 

交感神経

交感神経は、活動中や緊張時、
ストレスを感じているときに働きます。

 

副交感神経

ストレッチ 柔軟体操

反対に、副交感神経は、
リラックス時や休息しているときに働く神経です。

 

 

これらの2つの神経が、バランス良く働くと、
心身ともに健康な状態と言えます。

 

 

しかし、このバランスが崩れることによって、
以下のような身体の不調が現れてきます。

 

  • 肩こりや腰痛などのコリ
  • 頭痛
  • 冷え性

 

このような事態を避けるためにも、柔軟体操は有効です。

 

 

柔軟体操の注意点

しかしながら、方法を誤ってしまうと、逆効果です。
そのためにも正しい知識を身につけ、柔軟体操を行いましょう。
主な注意点として、以下のポイントが挙げられます。

 

ポーズをとる際は、1つの動作に15から30秒かけて、ゆっくり行う

呼吸を止めないで、体を伸ばす

反動もつけてはいけない

定期的にできる範囲で継続し、柔軟性を高める

 

このような点に気をつけながら、継続すれば、
納得する効果が現れることでしょう。


 

 

TBS「はなまるマーケット」、日本テレビ「ぐるナイ」、フジテレビ「めざましテレビ 」、TBS「金スマ」など、数多くのメディアで紹介された兼子ただし氏の体が即効でぐにゃぐにゃになるストレッチ術 

 

ストレッチ

柔軟体操で関節の可動域を広げる関連ページ

ヨガで効果を促進
整体で固い体をほぐす
器具で柔らかい体に