よく読まれているページランキング

陸上

ストレッチ 陸上

 

陸上競技と言っても、競技種目はたくさんあり、
その競技によって、使用する筋肉も異なります。
そこで、今回は、主に、短距離走や長距離走といった、
ランニングに必要な柔軟性についてお話します。

 

 

短距離走者

ストレッチ 陸上

まず、長距離走が下肢中心を使うのに対し、
短距離走は体全体を使います。
ですから、短距離走者と長距離走者で体への負担も異なり、
怪我を負うリスクの高い場所も、違ってきます。

 

なかでも、柔軟性の不足により、
大腿部に肉離れを起こしやすいのは、短距離走者です。

 

大腿部のストレッチ

 

 

長距離走者

ストレッチ 陸上

そして、長距離走者は、
同じ動作の繰り返しが長時間継続されるため、
足を地面に着地をした時の振動で、
膝の腱が炎症を起こすことがあります。
とくに、アスファルトなどの硬い地面の場合、
膝に多くの負担がかかるので、注意が必要です。

 

膝のストレッチ

足首のストレッチ

 

その他、長距離においては、
脚の筋肉の伸縮の繰り返しのため、
頸骨の骨膜への炎症の恐れもあります。
頸骨とは、膝から足首の間にある骨で、
脚の内側にあります。

 

これらの怪我の防止のためにも、ランニングの前には、
必ずストレッチを取り入れましょう。

 

 

クールダウンにもストレッチ

そして、最近は、陸上選手だけでなく、
健康のためにランニングを行う人も増えています。
ランニングのメリットは、ダイエット効果があるだけでなく、
生活習慣病の予防や、疲労回復にも効果があります。
しかし、ランニングの後に、体のメンテナンスを怠ると、
かえって疲労を残してしまうことになります。

 

ですから、クールダウンにもストレッチを取り入れ、
柔軟性を高めるとともに、体のメンテナンスに役立てましょう。



 

 

TBS「はなまるマーケット」、日本テレビ「ぐるナイ」、フジテレビ「めざましテレビ 」、TBS「金スマ」など、数多くのメディアで紹介された兼子ただし氏の体が即効でぐにゃぐにゃになるストレッチ術 

 

ストレッチ