よく読まれているページランキング

新体操

ストレッチ 新体操

 

新体操では、主にこのような道具を使って演技をします。

 

  • ロープ
  • ボール
  • リボン

 

どの競技においても、体の柔軟性が必要になります。

 

 

柔軟性がとくに重要な個所は?

主に使う筋肉は、以下の4つの筋肉になります。

 

  • 下半身

 

とくに、胸や腰の柔軟性が重要です。

 

腰のストレッチ

肩関節のストレッチ

 

ストレッチ 新体操

そして、新体操で求められる柔軟性は、かなり高度なため、
できるだけ早くから始める方が有利です。
できれば、小学生の低学年から積極的に柔らかくしておくと、
より効果的です。

 

また、この競技の特徴として、
何度も同じ動作を繰り返し練習することで、
技術が向上していくスポーツです。

 

ですから、特定の部位を痛めやすいという危険性も伴います。
とくに、多い怪我としては、次のものがあります。

 

  • 手首や肘、足首の腱鞘炎
  • アキレス腱の断裂

 

怪我の予防をしよう

それらの怪我を少しでも回避するためには、
準備体操から、練習後のアフターケアまで、
気を配る必要があります。
そこで、怪我をしたり、体を痛めてしまう前に、
ストレッチなどを行い、
体のメンテナンスを心がけましょう。

 

足首のストレッチ

 

ストレッチの際に気をつけること

それでは、ストレッチを行う際の注意点を、
いくつか紹介します。

 

ストレッチは、体を温めてから行う

ストレッチ 新体操

 

血行が良くなって筋肉が伸びやすくなり、さらにストレッチの効果が上がります。

 

バランス良くストレッチを行う

ストレッチ 新体操

 

腹筋を鍛えたら背筋を鍛えるというように、全身をバランスよく伸ばしてください。

 

動きが偏らないようにする

ストレッチ 新体操

 

たとえば、反った後には曲げるといった反対の動作を行います。

 

こういった点に気をつけながらストレッチをすることで、
体を痛めない工夫をします。

 

スポーツ選手にとって、怪我は致命的です。
そのためにも、体の柔軟性を高め、技術の向上を目指すとともに、
怪我予防を心がけましょう。



 

 

TBS「はなまるマーケット」、日本テレビ「ぐるナイ」、フジテレビ「めざましテレビ 」、TBS「金スマ」など、数多くのメディアで紹介された兼子ただし氏の体が即効でぐにゃぐにゃになるストレッチ術 

 

ストレッチ